• yokotaka0515

貧血予備軍の方は気をつけてください

最終更新: 2019年9月19日

ゲップやおならが多い方で今まで立ちくらみなどがなく、健康診断などで貧血の診断がつかないかたでも、40歳代までは女性の方は貧血を疑ってください。

特に出産後や思春期の方、食事が野菜中心の方も疑ってみるべきかと考えます。

代表的なこととすれば、「氷食症」に代表される様に「貧血」になると、硬いものを噛みたくなります。当然、一日中口の中に物を入れておくことは出来ませんので、自分の上下の歯合わせてしまいます。まさに「噛みしめ呑気症候群」の「噛みしめ」を日常的に行なってしまいます。ゲップやおなら、腹部のハリの原因となります。

治療は「貧血」の改善にあるのですが、「貧血」は簡単には改善しません。吸収のよい医療用サプリメントの服用を勧めます。またすぐに改善するわけではないので、長期間服用してじっくり治していく必要があります。

貧血は簡単に改善しないので、それまではマウスピースの治療で「ゲップやおなら」を改善させておいて、ゆっくり貧血も改善しましょう!

131回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

糖質の摂りすぎや、偏った食事も気をつけましょう

呑気症でゲップやおならのある方で、1日に何度も間食をする習慣がある方は気をつけてみましょう。糖分(栄養ドリンク、スポーツドリンク、微糖の缶コーヒーなども)や、チョコ、フリスクなどを取らないと気分が落ち着かない方は、「血糖値スパイク」と言って血糖の体内でのコントロールができていない可能性が高いと思われます。 血糖値は体の自律神経や、脳の動きに密接に関わっているので、血糖値の大きな変動は体の筋肉にも影

呑気症と噛み合わせは関係あるのか?

患者さんから、「噛みしめ呑気症」は「上下の歯の噛み合わせ」は関係あるかと質問を受けることがあります。 関係があることは基本的にはありません。 緊張などから「噛みしめ」てしまう「動作・体の動き」が問題であることがほとんどで、噛み合わせの治療しても「ゲップやおなら、腹部の違和感」などの症状は軽く改善するか、逆に悪化することが多くなりますので、安易な噛み合わせの調整は行わない方がよいと思われます。 まず

マウスピース以外の治療法について

体内の栄養素の低下を起こすことでストレスを感じやすい人には、前に記載したブログでも書いてある内容と重なりますが、「噛みしめ呑気症」の「ゲップやおなら、腹痛」などに対して、サプリメントを服用して改善することは多いと思います。 鉄分、亜鉛などのミネラル以外にも、ビタミンB群の低下が原因で「緊張」「噛みしめ」を行ってしまうケースは多いと思います。 ゲップ、おなら、腹痛、吐き気などが、消化器疾患でなく「噛