aoba_soto-outline-01.png

糖質の摂りすぎや、偏った食事も気をつけましょう

呑気症でゲップやおならのある方で、1日に何度も間食をする習慣がある方は気をつけてみましょう。糖分(栄養ドリンク、スポーツドリンク、微糖の缶コーヒーなども)や、チョコ、フリスクなどを取らないと気分が落ち着かない方は、「血糖値スパイク」と言って血糖の体内でのコントロールができて...

呑気症と噛み合わせは関係あるのか?

患者さんから、「噛みしめ呑気症」は「上下の歯の噛み合わせ」は関係あるかと質問を受けることがあります。 関係があることは基本的にはありません。 緊張などから「噛みしめ」てしまう「動作・体の動き」が問題であることがほとんどで、噛み合わせの治療しても「ゲップやおなら、腹部の違和感...

マウスピース以外の治療法について

体内の栄養素の低下を起こすことでストレスを感じやすい人には、前に記載したブログでも書いてある内容と重なりますが、「噛みしめ呑気症」の「ゲップやおなら、腹痛」などに対して、サプリメントを服用して改善することは多いと思います。...

マウスピースの効果について

呑気症で悩んでいる方から、よく話に上がる内容として、「マウスピースを使用しているがゲップやおならなどの症状が改善しない」とコメントをもらうことが多いのですが、 ①上の歯に装着している ②日中使用していない、もしくは出来ないものを使用している(夜間の歯ぎしり用を使用している)...

貧血予備軍の方は気をつけてください

ゲップやおならが多い方で今まで立ちくらみなどがなく、健康診断などで貧血の診断がつかないかたでも、40歳代までは女性の方は貧血を疑ってください。 特に出産後や思春期の方、食事が野菜中心の方も疑ってみるべきかと考えます。 代表的なこととすれば、「氷食症」に代表される様に「貧血」...

呑気症の「噛みしめ」の原因について

多くの患者さんを拝見していると、基本的にストレスによるものが多いと思われます。 その患者さんの多くは真面目なタイプの方が多く、勉強も仕事も真面目に取り組む傾向にあるようです。 心理学的に考えれば、真面目に物事と向き合って・「100%」達成するようにすることは、小さな失敗も許...

1566372936637.jpg